大切なペットを守る為に

動物

種類によって違う保険選び

ペット保険に加入する時にはペットの種類や年齢、どんな病気にかかりやすいかを考えて保険会社を選ぶ必要があります。保険会社によって加入できるペットの種類や保障内容が違うからです。犬や猫などを対象にしたペット保険もあれば、鳥類や爬虫類を対象にした保険もあります。また犬でも生後間もない頃と老犬ではかかりやすい病気が違います。犬のなかでもトイプードルは体の構造から骨折しやすい犬種ですが、手術費用は6万円程度ですみます。同じ手術でも心臓病の場合には100万円近くかかる場合があります。心臓病にかかりやすい犬種としてはチワワがあげられるので、チワワを飼っている場合には手術の保障内容が手厚い保険を選んだ方が良いと言えます。ペット保険は1回の治療でかかった治療費や保険が受け取れる回数に上限を設けているものと、上限がないものに分かれます。上限を設けているものの方が保険料は安くなりますが、病気にかかりやすい種類のペットや、高額な治療費が必要になる可能性がある場合には上限がないものを選んだ方が良いでしょう。治療費も一定の範囲内で全額保障が受けられるものもあれば、50%〜70%の治療費を保障してくれるものがあります。またペットが高齢になると病気になるリスクが高くなるために契約更新できなかったり、加入できなくなることもあります。長生きする種類のペットを飼っている場合には終身可能なペット保険に加入しておいた方が安心です。

飼い主と動物

警戒心の強い甘え上手な犬

チワワは小型犬で警戒心が強いため、懐くまでは苦労します。懐いてしまえば従順となり、甘えん坊にもなります。甘やかしすぎるとワガママになりますので、叱ってあげることも必要です。チワワの健康維持には散歩が必須です。また日々のブラッシングや歯磨きなどの世話もしっかりとしましょう。

パピヨン

ブリーダーから仔犬を買う

ブリーダーは、血統の正しいパピヨンを扱っています。健康状態に保証を付けるケースも多く、安心して購入出来ます。繁殖者が販売する場合は、手数料などがかからないため、料金も若干安くなります。飼育のアドバイスが受けられる点も、一つのメリットです。

飼い主とペット

寒さに弱い犬

トイプードルは寒さに弱いので、飼い主は寒さ対策をしっかり行うことが求められます。室内では暖房をつける、ケージの中に防寒グッズを置くのは基本中の基本です。もちろん、散歩に連れて行くときは、防寒着を着せましょう。